​フラワーオブライフ-宇宙の扉-
Flower of life  -the door of univers-
2012 / 水晶   星砂   アクリル絵の具 / vol.1  53×45.5(㎝) / vol.2  53×227(cm)
2012 / crystal, star sand, acrylic oncanvas / vol.1  53×45.5( ㎝ ) / vol.2  53×227
vol.2
vol.1

フラワーオブライフは、レオナルド・ダ・ヴィンチも研究しており、彼の描いたメモ書きも残っている有名な神聖幾何学の図形の1つです。

超古代文明から伝わり、あらゆるものすべてを内包するとも言われます。

 

私はこの図形を、自ら受け取った宇宙の波動のイメージにのせて描きました。

絵の中で深い青と金の出す色のエネルギーは、フラワーオブライフの力をより一層高めます。

また、見る側の感覚にゆだねられる渦は、エネルギーを吸収、あるいは無条件に放出している宇宙の摂理を表しています。

 

フラワーオブライフ自体、まだ見ぬ未来の扉でもあり、また始まりを示す象徴のように私は思います。

vol.1の左から2番目と3番目の絵は、背景に大きさを変えた透明度の高い水晶を使用して、「目の見える人には明確に見えず、目の見えない人にははっきりと見える渦」を表現しました。

 

“見る”、とはどのような事か?見る人により、様々な解釈が生まれ、鑑賞者自身の姿を鏡に写し出す不思議な感覚を呼び起こすかもしれません。

「地上に生きとし生けるもの、もちろん己自身もまた、この世の全ての一部として存在する。」

そんな実感を持っている人も数多くいると思います。

おそらく地球で唯一宇宙の存在を認識する知的生命体の人間の役割は、時として良い意味でも悪い意味でも、大きなことの起こる原因となるはずです。

そして、宇宙における地球の存在自体も深い意味のあるものでしょう。

©Maris Art Project

​当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。